山形県危険物安全協会連合会

会議の開催

(1) 総 会
  平成28年6月23日 (木) 山形市内
  ・平成28年度山形県危険物安全協会連合会会長表彰等
  ・平成27年度事業報告並びに同収支決算報告
  ・平成28年度事業計画 (案) 並びに同収支予算 (案)
  ・役員会への補正予算等の委任

(2) 役員会
  第1回 平成28年6月3日(金) (書面決議)
   ・総会に提出すべき事項
  第2回 平成29年2月28日(火) 山形市内
   ・平成28年度事業執行状況並びに同収支予算執行状況
   ・事務局書記の報酬(案)
   ・平成29年度事業計画 (案) 並びに同暫定収支予算(案)
   ・役員改選の在り方

(3) 監 査
  平成28年5月20日 (金) 村山総合支庁附属棟内

(4) 各地区協会事務局長会議
  平成28年5月18日(水) 村山総合支庁内

▲ トップ

法人化に向けた取組み

〇次の諸会議での協議、並びに、関係機関との連携により、法人化に係る情報を収集。
・東北・北海道地区各県危険物安全協会連合会会長・事務局長会議(11月21日宮城県)
・東北・北海道地区各県危険物安全協会連合会事務局長会議   (1月16日山形県)

〇現段階では特筆すべきメリットは確認できない。継続して情報収集に当たる。

▲ トップ

ホームページによる広報活動

〇リニューアルの実施
平成25年度にリニューアルを実施。
 ・デザインを一新してイメージアップ戦略に繋げ、利用者検索の利便性を高めた。
 ・平成28年度は火薬類保安教育講習等の項目を新たに起こし、内容の充実を図った。

〇主な内容
 ・事業概要、役員・地区協会一覧
 ・事業計画・事業報告等の公表
 ・保安講習、準備講習の案内・情報提供
 ・関係図書の頒布案内 など

▲ トップ

研修会の開催

 各地区危険物安全協会事務担当者研修会
  ・平成28年11月17日(木)~18日(金) 天童市内
  出席者 消防本部・地区協会(24名)・保安講習専任講師等 合計32名。
    講演「岩手県危険物安全協会連合会の概要と取組み」
    講師 岩手県危険物安全協会連合会 事務局長 佐々木幸延 氏
   県内地区協会での取組事例
     西村山地区、村山市、米沢市、鶴岡市の各地区協会から取組事例を報告
   分科会方式での意見交換・情報交換会
    ・地区協会に共通する課題について、地区協会担当者が3つの分科会に分かれ、
     意見交換し、対応策や解決方法について学び合う
    ・分科会のテーマは、「協会会員増大に向けた協会の魅力向上対策」
    「魅力的で効果的な視察研修等の進め方」「試験準備講習の効果的な進め方」
     の3項目

▲ トップ

表彰

(1) 消防庁長官表彰・全国危険物安全協会理事長表彰 平成28年6月6日(月) 東京
  ・消防庁長官表彰(危険物保安功労者)
    宇佐美 信吉 氏(山形県危険物安全協会理事、西村山地区協会会長)
  ・全国危険物安全協会理事長表彰(個人表彰)
    野川 勝弘 氏(天童市協会理事、元山形県危険物安全協会連合会理事)
  ・全国危険物安全協会理事長表彰(優良危険物関係事業所)
    有限会社 南陽液化サービス(南陽市内)

(2) 山形県危険物安全協会連合会会長表彰 平成28年6月23日(水) 山形市内

   ・優良危険物事業所表彰 23事業所
   ・優良従事者表彰     6名

 

(3) 消防関係者知事表彰 平成28年11月21日(月) 山形県庁講堂内
  ・安全功労章 遠藤 靖彦 氏
   (山形県危険物安全協会連合会会長・山形市危険物安全協会会長)

▲ トップ

図書等の斡旋

各地区危険物安全協会が実施する危険物取扱者試験準備講習への図書斡旋
                            計 1,387冊

▲ トップ

関係機関との連絡調整

(1)各都道府県危険物安全協会連合会事務局長会議
    平成28年4月15日(金) 東京都内

(2)全国危険物安全大会
   平成28年6月6日(月)~7日(火) 東京都内
    〇表彰、講演

(3)東北・北海道ブロック各危険物安全協会連合会会長・事務局長会議
    平成28年11月21日(月) 宮城県仙台市内

(4)各都道府県危険物安全協会連合会会長等研修会
    平成29年1月25日(水) 東京都内
    ○記念講演、意見交換会

(5)東北・北海道ブロック各危険物安全協会連合会事務局長・担当職員会議
    平成29年1月16日(月) 山形県天童市内
    ○保安講習実施での課題等について協議

▲ トップ

危険物取扱者保安講習の実施

山形県の業務委託を受けて、危険物取扱者保安講習を実施
  平成28年8月~11月 3種類の講習を延べ24回実施
  県内7市1町の計8会場 受講申請件数 2,468名(参考:27年度 2,420名)

▲ トップ

定期点検事業者認定制度事務の実施

全危協の委託を受けて定期点検認定等事務、点検済証交付事務、並びに認定指導員に
よる実態調査を実施

○ 定期点検認定等事務委託

区  分 地下タンク等 移動貯蔵タンク
件数 受託料 件数 受託料
認定事務
再認定事務
軽微な変更事務 1件 1,000円 1件 1,000円
廃止事務
合計 1件 1,000円 1件 1,000円

(委託料の収入:3受託金 定期点検認定等事業委託料 2,000円)

○ 点検済証交付事務委託

地下タンク等 移動貯蔵タンク
交付枚数 単価 受託料 交付枚数 単価 受託料
337枚 60円 20,220円 330枚 60円 19,800円

(委託料の収入:受託金 点検済証交付委託料 40,020円)

○地下タンク等に係る指導員制度事務

区分 実施件数
地下タンク 移動タンク
認定指導員による実態調査 5件 1件

(委託料の収入:受託金 指導員制度事務委託料 101,424円)

▲ トップ

公益事業の推進

(1)危険物安全週間のPR事業
   〇危険物安全週間用ポスター  2,080枚
   〇危険物保安講習に係る地区協会広報費(16地区協会への助成事業)
     助成金額=事業所数×120円+定額
     ・定額の区分

定額の区分 事業所の数 定額の額(円)
  100未満 10,000
100以上 200未満 15,000
200以上 300未満 20,000
300以上   25,000

     ・助成額 16地区協会   計397,568円(振込手数料込み)

 

(2)危険物取扱施設の安全向上事業(保安講習費)
   危険物取扱免状所持者が所属する事業所約2,400箇所に対し、事業主並びに職員
   管理担当者あてに各々書面で講習日程を知らせ、受講義務のある職員への受講
   促進を要請。
   同内容のチラシ(地区危険物安全協会を通じて各事業所・事業主に配布)並びに
   ポスターにより、受講日程の周知と、受講促進に向けた機運拡大を図った。
   なお、平成28年度は、平成24年度に導入した「3年後受講はがき」制度を活用して
   個人あて受講案内を行った2年次目。保安講習会開講時のオリエンテーリングから
   は、この制度への理解が進んでいることが窺われるが、活用促進を図ることが
   必要。

     ・案内書面     2,348通送付
     ・3年後案内はがき 1,362枚印刷
     ・チラシ      2,350部作成
     ・ポスター     130部作成   計 245,996円

▲ トップ

火薬類取扱保安責任者試験の実施

公益社団法人 全国火薬類保安協会の委託を受けて、試験を実施
   期 日   平成28年9月4日(日)
   会 場   山形県生涯学習センター遊学館
   受験者   50名 (甲種42名、乙種8名)
   合格者   19名 (甲種15名、乙種4名)
   委託料   817,500円
   主な経費  会場使用料・試験監督員費・通信運搬費・事務消耗品費
   その他   本年度の県内受験者の合格率は38%と低い。(全国平均53%)

▲ トップ

火薬類保安教育講習等の実施

公益社団法人 全国火薬類保安協会の委託を受けて、県内各地で各種講習を実施

  保安教育講習等 県内各地で4回実施。受講者数は70名。
  再教育講習   山形市内で2回実施。受講者数は54名。
  委託料合計額  1,495,749円

平成23年5月の山形県火薬類保安協会解散後、5年間のブランクを経て実施

▲ トップ

会計の適正な執行

▲ トップ